バックナンバー
沢田準【競馬を楽しく】
配信日:2017/08/10 17:15

テレビ東京の競馬中継◆沢田準の競馬を楽しく

関東のファンだけにしか分からないことで恐縮だが、テレビ東京の土曜日の競馬中継「ウイニング競馬」については、ファンからの批判が寄せられているようだ。

最近は特にバラエティ化が進み、二人の芸人ばかりでなく解説者やアナウンサーも含めての騒々しいものになってしまっている。

さらにトレセンでの騎手のインタビューにしても、ウイニングファミリーだとして馬とは関係のないことを話題にすることも少なくない。

騎手もよく付き合ってくれるとも思うが、ファンサービスであり仕方ないというところだろう。

今や芸人の一人と解説者、さらにアナウンサーを内馬場に配し、ファンを巻き込んでの騒ぎに至っている。

結局現在の番組はレースの中継と払戻金の発表以外は、あまり面白いとは言えない騒ぎ、そして解説者、芸人ばかりではなくMCの女性まで含めてのレースの予想大会になっている。

その予想にしてもレースの直前に行うのであり、視聴するファンの参考ではなく、単に予想の当て合いであるに過ぎない。

芸人二人の予想が何連敗などと面白がっているが、もともと人気薄の馬の一点買いのような予想だから、初めから連敗と面白がることを前提としているものであることが透けて見えてしまうのである。

このような番組に対するファンの批判に対し、メインアナウンスであるフリーアナウンサーの矢野吉彦氏が、競馬ブックの一筆啓上に「番組プロデューサーに代わって」として、その理由を説明している。

そのなかでなるほどと思えたのが、パドックを放映すると視聴率が下がるということだ。

テレビ中継について語るとき、下見所での馬の姿をじっくりと見せてほしいという声があることも事実だ。中には下見所での馬をじっくり見ないようなファンは長続きしないとまでいう人までいる。

しかし競馬ファンの誰もが下見所や返し馬をじっくり見て馬券を買うという訳ではない。そのようなファンは少数ではないにしても下見所を見ないというファンも多いはずだ。

そのようなファンにすれば下見所での解説は時間の無駄である。私はグリーンチャンネルに加入しているが、JRAのレース中継はほとんど見ない。

それはグリーンチャンネルの中継はまじめすぎて、さすがに面白みに欠けるのである。

土曜日曜とも地上波以外はBSイレブンなどで放映している競馬中継番組を見ることが多いが、これでも下見所での画面や解説はただ流しているだけだ。

私の中継の見方を考えれば下見所放映時間は視聴率が下がるというのももっともと思えるのである。

もう一つ矢野氏が書かれているのは、1時間の放映のなかで4~5レースを中継しており、時間が足りないということもある。

確かに昔は放映時間が現在より長く、逆に中継するレースは関東だけであり少なかった。従って下見所や企画物を放映することができたのである。





◆沢田準【競馬を楽しく】
http://bit.ly/1BFqU5c

◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp

» 戻る