バックナンバー
沢田準【競馬を楽しく】
配信日:2018/02/16 18:00

四日間競馬◆沢田準の競馬を楽しく

その可能性があると一部で早くから伝えられていた先週の競馬、本当に四日間連続開催となってしまった。この時期はどこかで雪が降ることが多く、それが競馬開催日に重なれば延期となる。

先日の大雪はわずかに日曜日を避けてくれたが今回はそうはいかなかった。しかし先週は変則三日間開催のため月曜の小倉が延期となり四日間開催となってしまったというわけである。

通常の土日開催なら問題は起こらなかった。もし土曜日や日曜日に雪に見舞われた場合は延期にはなるが、四日間連続開催にはならない。この時期の三日連続開催はやめてもらいたいものだ。

なぜ変則三日間開催という日程を組むのだろうか。それは馬券売り上げのアップを狙ったものであることはいうまでもない。

それは土曜日が京都と小倉、日曜日が東京と京都、振替休日の月曜日が東京と小倉という開催の割り振りを見れば明らかだ。日曜には重賞が2レース、月曜にも東京で重賞を置いたのである。

ところが月曜の小倉が雪で火曜日に延期となった。この結果月曜は東京の、火曜は小倉の単独開催となった。このため普段とはかなり様子が違ったのだった。

単独開催となるとレース間が長い。テレビはグリーンチャンネルがメインとなったが、レースが約30分間隔となると下見所をたっぷり見せる。参考レースのビデオもたっぷりだ。

そしてレースのリプレイも行われる。ずいぶんとゆっくりな放映と感じられるが、考えてみれば他場の馬券を売っていなかった昔はテレビやラジオはこうだった。

現在は忙しい放送になったものだと改めて思わせてもらえたのである。

台風や雪で延期となった時には、私は普段とは異なった様子を見に、競馬場や場外へ行くことが多い。今回は火曜日に東京競馬場に行ってみた。

平日の小倉単独開催の東京競馬場はどんなものか。まずメモリアルスタンドは閉鎖されていた。もちろんファンは少なくがらがらだ。

最も困ったのは供食関係がほとんど閉まっていることだった。フジビュースタンドのレストランはもちろん立ち食いの麺類やラーメン、カレー屋も営業していない。

スタンド全体で開いていたのは3店ほどしかなかった。コンビニはセブンイレブンが一応開いてはいたが、生もの(弁当など)は売っていない。

飲みものは一部で売っているだけである。場外なら周辺にいくらでも食事をとれる店などがあるが、東京競馬場の周辺には全くないのだった。

ところでかんじんの馬券の売り上げはどうだったか。平日の単独開催の小倉だが72億円が売れた。これは土曜日の小倉の売り上げとほとんど同額である。

これはやはり大したものと思われたのだった。




◆沢田準【競馬を楽しく】
http://bit.ly/1BFqU5c

◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp

» 戻る