バックナンバー
青木義明【競馬一直線】
配信日:2015/05/18 12:06

反省だらけ。今週から誌上公開予想は複勝をやめて馬連ボックスに◆青木義明の競馬一直線


(ポイント返還3週目の収支)
◆05/16-17
戦 績 4戦1勝
投資額 8万0000円
獲得額 7万1440円
回収率 89.3%


青木義明です。先週は反省だらけ。特に日曜日は臍を噛む思いでした。勝負した2レースは下記のとおりですが、青竜ステークスは3連単(04-03-09)1万7860円を簡単に的中。ただし40点買いでもいいところを慎重を期して50点買いとしたため、購入額が100円少なくなり、そのため土日の収支8000円の赤字を黒字化できない結果に。

続くヴィクトリアマイルも「馬単・フォーメーション」で攻めたため失敗。1番人気の15ヌーヴォレコルトを1着候補に入れず、そして12番人気で2着の07ケイアイエレガントを拾っていたにもかかわらず馬単(05-07)7万3390円を取れませんでした。

それは下記のように5番人気で勝った05ストレイトガールを迷った末にフォーメーションの1着候補にとらず、4番人気の02カフェブリリアントと2番人気の06ディアデラマドレの2頭に絞ってしまったからです。



全ての原因は土曜日の連敗にあります。3連複ボックスで勝負したら二つとも外れ。そのため日曜日は3連単と馬単と強気な戦術を採用することに。青竜ステークスは的中したものの目数が多く、あるいは馬単にしておけば41.3倍を2000円購入でポイント返還にならずに済みましたし、ヴィクトリアマイルもせっかく12番人気ケイアイエレガントに目を付けたのですから「馬連ボックス」なら3万6880円を当てられました。

まさに反省だらけです。土曜日をおとなしく馬連ボックスでスタートするべきでしたし、皆様ご注目の「誌上公開予想」も連敗。思いのほか「1頭の複勝」を選ぶのも難しいもので、今週から「馬連5頭ボックス」に戦術変更します。

◆日曜日の勝負◆

東京10R/青竜ステークス
◎09アキトクレッセント(1人気3着)
○04ノンコノユメ(5人着1着)

3連単・フォーメーション
1着 04.09
2着 01.03.04.08.09.10
3着 01.03.04.07.08.09.10
50点×400円

計20000円

・3連単(04-03-09)1万7860円的中

-------------

東京11R/ヴィクトリアマイル
◎02カフェブリリアント(4番人気5着)
○06ディアデラマドレ(2番人気7着)

馬単・フォーメーション
02.06
02.05.06.07.11.15
10点×2000円

計20000円

・馬単(05-07)7万3990円不的中
・馬連ボックスなら3万6880を的中できた…



-----------

(ポイント返還3週目の収支)
◆05/16-17
戦 績 4戦1勝
投資額 8万0000円
獲得額 7万1440円
回収率 89.3%


(ポイント返還2週目の収支)
◆05/09-10
戦 績 4戦1勝
投資額 8万0000円
獲得額 4万9200円
回収率 61.5%



(ポイント返還1週目の収支)
◆05/02-03
戦 績 4戦3勝
投資額 8万0000円
獲得額 9万8720円
回収率 123.4%


----------------------------

◆◆ポイント返還制度とは◆◆

青木義明の有料情報が同一週の土日2日間合わせて回収率が100%未満だった場合、消化していただいたポイントを返還いたします。この場合、あくまで同一週に、土日の両方をご利用された方に限ります。つまり、どちらか1日だけのご利用では返還の適用外となります。

【返還方法】
競馬通信社が会員様のご購入履歴をお調べしたうえで、5日以内にポイント返還の処理をさせていただきます。お客様からの「自主申告」は不要です。


◆◆有料情報◆◆

1.1日厳選2レース提供
2.馬券は何でもあり
3.情報料は1日2000円(ポイント)

※有料情報を購入するには、メルマガ内のリンクからログインして特設ステージに移動し、ご購入ください。情報料は1日あたり2000ポイント(円)です。

ポイントは銀行振込で購入していただけます。使用期限はありませんので、ご安心ください。仮に1万円ご送金いただいた場合は1000ポイントの上乗せサービスをいたします。ご送金は下記の口座へお振り込みください。

三菱東京UFJ銀行
神保町支店
(普)0001604
株式会社競馬通信社

お振り込みの際には、お名前の後ろにID番号を付記してください。
例/デムーロ50020



◆青木義明の競馬一直線
http://bit.ly/1EmxQ79

◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp


» 戻る