バックナンバー
青木義明【競馬一直線】
配信日:2015/07/20 14:58

もう一皮剥けないと◆青木義明の競馬一直線


青木義明です。予想と馬券の違いに泣かされています。先々週のプロキオンステークスでも5頭ボックスの中から1着~3着が出現し「予想」は当たりました。

しかし、小生の採用した「馬券」は馬単だけ。その配当39.4倍を20点買いで1000円的中。ところが、これを3連複5頭ボックス=10点買いにしておけば104.8倍の万馬券を2000円的中となり、払い戻しは20万円をオーバーします。

同じ2万円の資金投入でも馬単だと4万弱、3連複だと20万強と大きな開きが生じます。

先週も同じことが起きました。土曜日の函館11R/STV杯でも選んだ5頭から1着~3着が出現し、馬単45.6倍×1000円的中、しかし3連複ならば53.4倍×2000円で10万円を超えます。

現状では1日2レース、1レース2万円で勝負をしていますから獲得額が1日4万円を超えれば黒字です。しかし、STV杯の場合は3連複なら10万円をオーバーして土日の黒字が一挙に確定し、次の日曜日がとても気楽に臨めます。

この事態から精神的なダメージを受けるか受けないかは個人的な問題ですが、勝負師としてはまだ不完全な小生には多分に影響があります。後悔する気分に襲われます。




そんなことも続いて、馬券戦術を抜本的に見直すべき必要があるだろうと考えています。今は単純に「ボックス馬券」としていますが、ここに至った経緯も考慮しつつ、しかし、現状打破の方向性から、もっと臨機応変に、そして重層的に馬券を組むことを考え直したいと思います。

全ての前提条件は何か。それは対象レースの多角的で鋭く、的確な分析作業にあります。この過程で手応えのないレースは見送り、確信度の高いレースで「効果的な馬券」を組むこと。この辺が目下の問題意識です。

プロ馬券師として、もう一皮剥けなければなりません。


◇◇

【的中例1】

(07月18日・土曜日)

函館11R/STV杯

馬単・ボックス
01.04.05.08.09
20点×1000円

計20000円

・馬単(08-04)45.6倍的中
・獲得額 4万5600円
→3連複(04-05-08)53.4倍×2000円

-------------

【的中例2】

(07月12日・日曜日)

中京11R/プロキオンステークス

馬単・ボックス
01.02.05.06.12
20点×1000円

計20000円

・馬単(02-06)39.4倍的中
・獲得額 3万9400円
→3連複(01-02-06)104.8倍×2000円


----------------------------


◆◆有料情報◆◆

1.1日厳選2レース提供
2.馬券は何でもあり
3.1レースあたり2万円を投資
4.情報料は1日2000ポイント(円)


※有料情報はメルマガ内のリンクからログインして特設ステージに移動し、ご購入ください。情報料は1日あたり2000ポイント(円)です。


--------------

ポイントは銀行振込で購入していただけます。使用期限はありませんので、ご安心ください。仮に1万円ご送金いただいた場合は1000ポイントの上乗せサービスをいたします。ご送金は下記の口座へお振り込みください。

三菱東京UFJ銀行
神保町支店
(普)0001604
株式会社競馬通信社

お振り込みの際には、お名前の後ろにID番号を付記してください。
例/デムーロ50020



◆青木義明の競馬一直線
http://bit.ly/1F3tlL6

◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp



» 戻る