バックナンバー
青木義明【競馬一直線】
配信日:2016/04/29 12:45

結婚記念日◆青木義明の競馬一直線


1981年4月29日、群馬県沼田市で盛大な結婚式を挙げた。後に沼田市長になる後輩の星野くんが司会をしてくれて高校時代の友人、都庁時代の同僚、そして当時は新聞配達をしていたので販売店長も上司として参席してくれた。

その年の10月に長女が産まれ、その長女も昨年の正月に娘を出産し、秋には35歳になった。10日ほど前から保育園に入り、天王洲アイルにある会社に1年半ぶりに復帰した。しかし、孫娘も長女も旦那さんも風邪気味でつらい日々のようだ。

10年ほど前に旧競馬通信社の破産を機にカミさんとは離婚した。そして昨秋、彼女は還暦を迎えたが元気に会社勤めをし、週末はフラダンスに熱中していてまだ若い。1ヶ月ほど前には次女とアイスランドにオーロラ見物の旅行に出かけてきた。今日からは青森の母親のもとで親孝行。追って次女も、三女の家族も青森に行く連休だ。

一人暮らしの小生。料理は何も作らず、買ってきたお惣菜やパンや米で一人だけの食事が続く。たまに女友達とカラオケをする程度。あとは競馬三昧、プロ馬券師の日々。

明日からの中央競馬にはホームランを狙う意識を捨てて対峙する。ヒットの連続でも大漁得点は可能。そういうスタンスで臨みたい。これから競馬新聞を買いに外出。


◆青木義明の競馬一直線
http://bit.ly/1F3tlL6

◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp

» 戻る