バックナンバー
青木義明【競馬一直線】
配信日:2016/05/27 11:45

トランセンド産駒のイクノチャンが川崎デビュー◆青木義明の競馬一直線


小生の配合馬で父トランセンド、母ニシノコハク、母の父ゴールドアリュールという2歳牝馬(川崎・内田厩舎)が今日の川崎競馬第1レース(15:30)で新馬デビューする。

母ニシノコハク(2009)の母はニシノフジムスメ(2003)だから日刊競馬のPОGに登録したニシノオマージュ(牝2歳、父ストリートセンス)のお姉さん。ニシノフジムスメの母ブランドアート(1989、父ビショップボブ)は西山牧場さんへの小生の初めての配合馬でクイーンカップを勝った。中村畜産が導入したビショップボブの唯一の重賞勝ち馬である。

イクノチャンは西山牧場さんが売却した馬だが、父トランセンドなら少し地味でもあり、それは無理もない。ただ、配合した小生からすればどんな血統でも、どこの誰が所有しようと頑張って欲しいもの。

なお、先ほどトランセンド(ワイルドラッシュ×トニービン)のオーナーだった前田晋二さんに、このことを伝え、また米国遠征中のラニのことも訊いてみた。先日は応援に行かなかったけれど、今度は兄貴(前田幸治さん)は行くとのこと。二人の前田兄弟とは25年くらいの付き合いだから、関係する全ての人の幸運を祈りたい。



なお、ダービーの◎は決めました。かなり母系も掘り下げて、これが真の中距離馬という配合と判断。今のところ単複で勝負の予定です。



◆青木義明の競馬一直線
http://bit.ly/1F3tlL6

◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp

» 戻る