バックナンバー
青木義明【競馬一直線】
配信日:2016/05/31 11:45

馬券の組み立て方、それが勝負の肝◆青木義明の競馬一直線



低配当のダービーを外して3連複万馬券のむらさき賞をヒットしたのはなぜか。俗に言う、まぐれ当たりなのか。

ダービーは◎からの1頭流し。ハンデ戦のむらさき賞はボックス買い。今回はそれで馬券の当たり外れが発生したわけである。

土曜日の白百合Sを例にすれば、ミルコ・デムーロが乗った単勝1.9倍の07ロイカバードから流していたら馬券は獲れなかった。配合的に不安定さのある馬で、早目に動いて直線は7着まで沈んでしまった。ここはもう一頭の04メートルダ―ルも馬連の軸に用意して、福永騎乗で2着に踏ん張り13.3倍の配当をゲットできた。

馬券は「複眼的思考」で買う方がいい。ある一頭の馬から流すなんで、西山牧場さんへの配合馬のように「個人的心情」が入ったときくらい。あとは努めて冷静に2頭軸でも3頭軸でもボックスでも恥ずかしがってはいけない。馬券に美学は要らない。ひたすら儲かればいいのだ。

白百合Sはタニノギムレット産駒の3番人気09ブラックスピネルが武豊らしい我慢の競馬で差し切った。1番人気と2番人気馬を信じて強気に「馬単」で勝負していたら外す結果になってしまった。このように、馬連2頭フォーメーションなら的中率はグンと高まる。



[土曜日]
京都10R/白百合S

◎07ロイカバード(1人気7着)
○04メートルダ―ル(2人気2着)

馬連・フォーメーション
04.07
01.04.05.07.09
7点×4000円

計28000円

・馬連(04-09)13.3倍的中
・馬単(09-04)25.4倍買わず
・獲得額 5万3200円



◆青木義明の競馬一直線
http://bit.ly/1F3tlL6

◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp


» 戻る