バックナンバー
青木義明【競馬一直線】
配信日:2016/06/08 15:45

馬券勝負を2レースに減らしてより深く、より鋭く吟味◆青木義明の競馬一直線


メールを頂きました。

「むらさき賞の3連複・万馬券を的中できたのにダービーの安い馬券が取れないとは驚きです。同じ人が予想してるのか疑問にさえ思いますし、あまりに成績にムラがあり、安心して馬券が買えません。今週分を送金するか悩んでいます。」



このご指摘には正当性があり、真っ向から反論はできません。

ただ、野球でも、右打者が外角低めのスライダーを右翼線に流し打てる一方で、ど真ん中のストレートを空振りする場合があります。一つは個性のなせる業ですかね。外角低めに山を張っていれば打てることもありますが、そこへ真ん中のストレートだと振り遅れたりもします。しかし、癖のない打者は選球眼もよく、ホームランも打率も打点も上位クラスになって、三冠王にも…。




まあ、屁理屈はやめて素直に反省します。

戦術的にむらさき賞はボックスで、ダービーは◎からの流しでした。ボックスはすべてが◎にも△にもなります。レースの性質、メンバーの特徴次第で、どの馬券戦術が最も有効か判断できる人が「プロ馬券師」です。そこには美学は要りません。ディープインパクト◎はいいとしても、その単複を買うか、流し馬券で3連複を買うか、そこは馬券師としてのテクニックとセンスの問題ですね。



今週から提供レース数を3から2に減らします。そして、より深く、より鋭く分析します。最も的確な答えを導き出し、最適な馬券を組み立てます。この辺は自分との戦いですから、これまで以上に厳しく対峙します。



◆青木義明の競馬一直線
http://bit.ly/1F3tlL6

◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp


» 戻る