バックナンバー
青木義明【競馬一直線】
配信日:2016/07/04 19:45

サークルに旋風起こすか、新種牡馬リーチザクラウン産駒◆青木義明の競馬一直線


まずは軽微な朗報から。

さきほど川崎06レース(18:30)でイクノチャンが2着に好走。
父トランセンド
母ニシノコハク
母父ゴールドアリュール

馬複19倍
3連複50倍
的中

デビュー戦900を3着、2戦目1400を4着、そして今回は1500で、もっと長ければさらに長所発揮か。これで西山牧場さんへの地方競馬における配合2歳馬は3頭が走って1着→2着(ガロ、父リーチザクラウン)、5着→2着(イズミシンホニー、父リーチザクラウン)と駄作はいない。

さて、今度は中央競馬のリーチザクラウン産駒。これもなかなかに走っている。現段階では下記のとおり。

--------------

産駒が中央で4頭デビューし

1着(ニシノアップルパイ)

2着(エスケークラウン)

3着(セイウングロリアス)

4着(キョウヘイ)

で着外なし。

---------------

【西山茂行さんのブログ】
http://ameblo.jp/nybokujo/


これはリーチザクラウンのオーナーである西山茂行さんの今日のブログからの転載である。このうち小生の配合馬のキョウヘイは道中で大きな不利がありながら直線一気に追い上げたもので、馬体は小柄でも弾力性に富むので次は楽しみ。

この馬の配合はサンデーサイレンス3×3だが、その祖父ヘイルトゥリーズン4本継続と、父ヘイローの祖母アルマームード4本の継続クロスを内包する「複合クロス」なので単なるサンデーサイレンス3×3より柔軟性がある。

さらにニジンスキー5×4もレベルアップに効果的で、また母ショウナンアネーロにはグロースタークとヒズマジェスティ5×4の同血馬クロスがあり、底力面をサポートしている。少し怖がりなところもあるようだが、使われるごとに進化してくれるはず。

他にも小生の手がけたリーチザクラウン産駒は何頭かいるので、新馬デビューもその後の活躍度合いも楽しみで仕方ない。



◆青木義明の競馬一直線
http://bit.ly/1F3tlL6

◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp


» 戻る