バックナンバー
青木義明【競馬一直線】
配信日:2016/12/15 10:00

データ分析会社ユープロ(UPRO)のこと◆青木義明の競馬一直線



[再々録記事です]

(2010.08.11.水曜日昼過ぎ、執筆)


友人で競馬評論家の石川ワタル氏が今週号(2010.08.15)の「週刊競馬ブック」に刺激的な話を書いている。

石川ワタル氏の主な話は「総額馬券」の提唱だが、小生にとってはむしろ次のくだりの方が刺激的ではあった。


「国税当局から160億円もの所得隠しを09年10月に指摘された事件が全国紙を賑わせた。これは東京のデータ分析会社ユープロ(UPRO)が、07年3月までの3年間の払戻金を申告しなかったというものである。

このユープロには親会社があり、世界で最も成功した馬券師とされる豪州出身のアラン・ウッズ氏(08年1月に香港で客死、享年62歳)の必勝理論を踏襲しているらしいことが分かってきた。同氏は年間の馬券購入資金が1000億円、20年間で総額600億円の利益を香港競馬から得ていたとされる。

そのウッズ氏は馬の名前も、騎手や調教師も知らず、競馬場へも行かないが、コンピュータで難解馬券を攻略した。<コンピュータは賭事の未来である>と発言していたらしい。

ウッズ氏は亡くなったが、その流れを汲むと思われる外国人のコンピュータ馬券集団が、きょうも東京に近いウインズに陣取り、オッズを入力して買い目を出すと、日本人の買い子が窓口に一斉に走り出すという。巨額の資金で広く網をかけ、高配当馬券をせしめる…」


1点10円の総額馬券は石川氏の提唱に賛同するが、単価がいくらになろうと馬券に対する「戦略戦術」がしっかりしていなければ勝ちきれるものではない。小生としては配合分析力を高めるしかない。今週の予想に闘志を駆り立てられるものである。後世に残る予想家になることが目標である。




業務提携◆青木義明の競馬一直線
http://bit.ly/2bRbZQg

[競馬マンション]
http://keiba-msn.com
電話0357113074




» 戻る