バックナンバー
青木義明【競馬一直線】
配信日:2017/02/27 08:45

中山記念も阪急杯も大波乱。プロ馬券師に問われるもの◆青木義明の競馬一直線



競馬は一筋縄にはいかない。特に人気馬がトンコロリンと負けるとそう思う。日曜日は、中山記念でアンビシャスもリアルスティールも惨敗し、阪急杯でもシュウジやロサギガンティアがすっ飛んだ。

それぞれの配当は中山記念が馬連143.0倍、3連単3153.0倍、つまり31万馬券、そして阪急杯が馬連130.9倍、3連単24831.8倍、すなわち248万馬券である。

阪急杯の場合は予想をせず、馬券も買わなかった。検討段階で死角のある人気馬が多く、嫌な予感が漂っていたからだが、馬連はともかく3連単は当てる方が常軌を逸しているような気もする。けなす気はないけれど…。



土曜日のアーリントンCで小生の配合馬キョウヘイは4番人気で7着と末脚が不発だった。ペースと斤量が大きな敗因だが、外に逃げる気性面の若さも目立っていたし、パドックから馬場に先出しするしかなく、返し馬がきちんとできない点からも気性面の成長が待たれる。また、勝った相手も強かった。





馬券で勝ち続けることは至難の業だ。しかし、レースをしっかり選べば外さないで済むものもある。野球で言えば「選球眼」次第である。

下記の日曜日の公開予想はそんなレースではあったが、3着の◎からの「馬単マルチ」の戦術ではなく「3連複軸1頭ながし」であったなら92倍の好配当を6000円ゲットできたことになる。煎じ詰めれば◎の能力の見極めが甘かったわけだが、そのために3着まででも的中となる3連複があり、もっとあやふやなメンバー構成なら「ボックス」という手もある。

本格的なプロ馬券師であろうとすれば「匠のような技巧派」だったり「テクニシャン」でなければ務まらない。さらに精進を重ねたいと思う。


----------


公開予想☆青木義明の競馬一直線(日)

中山10R/ブラッドストーンS(15:10)

◎15ドラゴンゲート(2番人気3着)

馬単・マルチ
15→03.04.05.10.14
10点×6000円

計60000円


★結果★
・1着10 2着04 3着15
・馬単(10-04)80.1倍的中
・3連複(04-10-15)92.1倍(参考)

--------------

[先週の収支]
◆02.25-26
戦績   6戦3勝
投資額 36万0000円
獲得額 28万0400円
回収率  77.9%

------------◎-------------

※遂に完成! 血統表作成ソフト「熱血解析2017 」

http://ktsn.jp/kensei

【主な機能】
・5代血統表の作成、出力
・5代血統表の配合シミュレーション
・6代血統表の画面表示、出力
・8代血統表の画面表示、出力
・9代クロス分析表の画面表示、出力
・蓄積データ21万頭
・JRA-VAN Data Lab. 対応

・販売価格 30万円



◆青木義明の競馬一直線
http://bit.ly/2j3jFAA

◇競馬通信社◇
http://ktsn.jp


» 戻る